神戸の賃貸住宅事情について

兵庫県の神戸市といえば、関西が誇るおしゃれタウンとして雑誌やテレビなどにも頻繁に取り上げられており、若い女性が住みたい街として名前を挙げることが多い街でもあります。

実際、ファッションに関する専門店が充実しているほか、美術館などの観光地も充実しており、住めば毎日楽しく暮らすことができるような気がします。そういったことから全国各地から多くの人が移り住んでおり、単身者向け、ファミリー向けの賃貸住宅が種類、数ともに非常に充実しているというのが実情です。また、神戸には多くの大学が存在しており、学生として移り住む人も多いという特徴があります。

国公私立の大学、女子大学などさまざまな大学が存在し、多くの学生が日々勉学に励んでいます。そういった学生向けに1K、1Rといった住みやすいタイプの賃貸物件も充実しています。神戸には阪神電車が走っていますが、大阪や奈良ともつながっていますので、大阪や奈良にある大学に通う学生が神戸に下宿を構えるというケースも決して少なくはないようです。

奈良に比べると家賃などは高くなりますが、高い家賃を払って、なおかつ大学までの交通費を負担してでも住みたい街なのだという証左でしょう。賃貸物件のオーナーの側でも兵庫県内だけでなく、大阪や奈良の学生に向けても物件のPRを進めているようです。このように神戸は若者から絶大な支持を得た街であり、賃貸物件も非常に充実しているということができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *